相続にかかる遺産分割手続きと相続税 その13
相続コラム - 2017年11月03日

「相続税はいくらかかる?(1)」

■相続税の計算方法は?

相続税の基本的な計算方法は以下の通りです。

相続又は遺贈による財産の総額-債務及び葬式費用 = 純資産価額①
①純資産価額-基礎控除額(3000万円+600万円×法定相続人数)=②課税遺産総額
②課税遺産総額×各法定相続分 ×税率 →各相続分に応ずる税額の合計額=相続税の総額

【平成27年1月1日以後の場合】相続税の速算表

法定相続分に応ずる取得金額 税率 控除額
1,000万円以下 10% -
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
2億円以下 40% 1,700万円
3億円以下 45% 2,700万円
6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円

■相続税の具体的計算例

被相続人Aさんの事例で考えてみます。
法定相続人 配偶者B 長男C 長女D
(1)純資産額1億円(自宅土地6000万円+家屋1000万円 含む。)
(2)1億円-(3000万円+600万円×3人)=5200万円課税遺産総額
(3)5200万円×1/2(妻B)×15%-50万円=340万円
5200万円×1/4(C,Dそれぞれ)×15%-50万円=145万円 (×2人(C,D))
相続税の総額は630万円になります。

上記(3)の計算式の通り、だれがいくら相続しようが関係なく、課税遺産総額に各法定相続分に応じて速算表にあてはめて計算した税額の合計額が相続税の総額となります。この相続税を各相続人等が相続した財産の課税価額に応じて割り振って、財産を取得した人ごとの税額を計算します。
3人で財産を均等に相続した場合には、それぞれ210万円ずつ負担することになります。

■このコラムのポイント

  1. 相続税の計算方法について確認しよう。
  2. 具体例をもとに相続税がいくらかかるのか検証してみよう。

このコラムの執筆税理士

税務・労務・財務の専門分野をいかし、お客様の成功のために、3つのお約束をいたします。目先のことにとらわれず、長期的信用を重んじ、心を込めてお手伝いいたします。 社会的公正の立場で、お客様にとって価値ある情報を提供していきます。 どんな状況においてもプラス発想で臨んでまいります。→続きを読む