2018(H30)年分個人確定申告 その2
税務コラム - 2019年03月15日

「確定申告のためのツール・解説資料は各WEBサイトで入手、確認を。」

■確定申告用紙はA・Bの2種類

確定申告様式はA様式B様式の2種類のあり、
A様式:給与所得や公的年金等、雑所得、総合課税の配当所得、一時所得のみの方が使用します。
B様式:所得の種類にかかわらずどなたでも使用できます。予定納税額のある方はB様式を使用します。

確定申告にあたり、各種様式や解説資料は、以下の国税庁の確定申告特集サイトにて入手可能です。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/yoshiki.htm

確定申告書Bの作成方法についての手引きは以下のサイトで詳しく解説されており、計算方法、記入方法について、確認することができます。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tebiki/2018/pdf/002.pdf

初めて確定申告を自ら作成される方について、動画による解説サイトがあります。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/tvcm.htm

■WEB上で申告書を作成

申告内容をWEB上に入力をしてe-Tax方式又は印刷して書面により作成し申告することができます。
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl

(1)e-Taxにより電子送信により申告完結させることができます。
この場合、マイナンバーカード及びICカードリーダライタを準備して申告する方法と、利用者識別番号を取得して申告する方法があります。どちらも難しいようなら書面印刷して申告書を提出するようにしましょう。

利用者識別番号の取得手順は以下のサイトから。
https://www.e-tax.nta.go.jp/todokedesho/kaishi_confirm.htm
e-Taxの詳しい事前準備の解説は以下を参照。
https://www.keisan.nta.go.jp/h30/tebiki/kyoutu/h30kyoutu01.pdf
パソコンやスマホで申告書等を作成する場合の入力例などは以下を参照。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/sakuseihou.htm

(2)オンラインで入力し書面に印刷して申告。
下記、確定申告書等作成コーナーより、「作成開始」ボタン→「印刷して書面提出する」を選択。所得税確定申告書及び決算書等の作成のほか消費税・贈与税の申告書の作成も可能です。
https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/sm/top#bsctrl

■このコラムのポイント

  1. 所得税確定申告様式はA・B2種類。確定申告書作成のための解説ツールはWEBでチェック。
  2. 自宅のパソコンやスマートフォンからの申告書作成可能に。各サイトをチェックしよう。

このコラムの執筆税理士

税務・労務・財務の専門分野をいかし、お客様の成功のために、3つのお約束をいたします。目先のことにとらわれず、長期的信用を重んじ、心を込めてお手伝いいたします。 社会的公正の立場で、お客様にとって価値ある情報を提供していきます。 どんな状況においてもプラス発想で臨んでまいります。→続きを読む