ここが変わった2019(令和元年分)年末調整 その1
税務コラム - 2019年12月13日

「年末調整にかかる申告書及び記載内容が変わりました。」

■改訂された年末調整に係る申告書類

平成31年分(令和元年分)の以降年末調整において、扶養控除等(異動)申告書の記載内容について、以下改定となっています。

平成31年分(2019)年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書
http://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/pdf/h31_01.pdf
令和2年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書 記入例
http://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/pdf/r2bun_02.pdf

上記のうち令和2年分の記入例をご覧ください。最下段に単身児童扶養者の欄が追加となっております。

■「単身児童扶養者(未婚のひとり親)」欄が追加

生計を一にする子について児童扶養手当の支給を受けている所得者本人で、婚姻(婚姻届け出していないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある場合含む)をしていない人又は配偶者(事実上婚姻関係と同様の事情にある者含む)の生死が明らかでない人について必要事項ご記入ください。 所得税計算においては影響ありませんが、住民税非課税措置の対象となりますので、対象者は、「児童扶養手当証書の番号、対象となる児童の氏名、児童の所得見積額」をご記入ください。

■所得の見積額

所得と給与の年収とは異なります。給与収入-給与所得控除額=給与所得 となりますが、令和2年分以後の扶養控除等(異動)申告書に記入する「所得の見積額」について、以下の通り限度額の改訂が行われております。

対象項目 所得の見積額
令和元年 令和2年
源泉控除対象配偶者 85万円以下 95万円以下
源泉対象扶養親族、同一生計配偶者
障害者控除、寡婦・寡婦控除
38万円以下 48万円以下
勤労学生控除 65万円以下 75万円以下

■このコラムのポイント

  1. 令和2年分以後の年末調整の扶養控除等(異動)申告書の記載内容が変わりました。
  2. 単身児童扶養者の欄が追加に。
  3. 令和2年分以後の扶養控除等の対象となる「所得の見積額」が改正されました。

このコラムの執筆税理士

税務・労務・財務の専門分野をいかし、お客様の成功のために、3つのお約束をいたします。目先のことにとらわれず、長期的信用を重んじ、心を込めてお手伝いいたします。 社会的公正の立場で、お客様にとって価値ある情報を提供していきます。 どんな状況においてもプラス発想で臨んでまいります。→続きを読む