新型コロナウイルス感染問題 その8
税務コラム - 2020年08月28日

「GoToトラベルキャンペーン始まる」

コロナ経済対策のサービス産業消費喚起事業として、GoToトラベルキャンペーンが始まっていますが、政府によると、GoToトラベル事業開始から1か月で少なくとも延べ200万人となったようです。どのようなものか、その概要についてまとめました。

■GoToトラベル事業の概要

国内旅行を対象に宿泊・日帰り旅行代金の1/2を支援する制度で、支援額のうち7割は旅行代金の割引、残り3割は旅行先で使える地域共通クーポンが利用できる。1人1泊あたり上限2万円(日帰り旅行については1人あたり上限1万円)。

例えば1人で旅行代金1泊2万円の場合、その1/2相当額のうち、旅行代金7千円が旅行代金の割引となり、3000円が地域共通クーポン券として支援される。地域共通クーポン券は旅行先の道府県及び隣接地域にて旅行期間中に限って使用可能です。
GoToトラベル事業に参加登録されている宿泊施設等が対象となりますが、東京都内の旅行及び都内居住者の旅行については、当面GoToトラベル事業の対象となりません。

■割引対象となる旅行商品

(1)宿泊旅行の場合
旅行代理店・予約サイト経由で申し込む【宿泊+交通機関等のセットプラン】団体旅行含む。宿泊施設に直接申し込む場合には、宿泊施設費用は対象となるが、個人手配する交通費は割引対象外
(2)日帰り旅行の場合
旅行代理店・予約サイト経由で申し込む【往復旅券+各種体験ツアーや食事などのセットプラン】

■事業開始前予約の還付請求制度

事業開始前に既に予約を行っていた場合など、割引価格での旅行商品購入できなかった旅行者については、7月22日~8月31日までの旅行について、旅行後に割引分を還付申請することができます。還付申請期間は9月14日まで。
人の移動で感染拡大を招きかねないとの懸念もありますが、事業登録した施設で判明した感染者数は今のところ10名程度と比較的低水準にとどまっているようです。

■このコラムのポイント

  1. 国内旅行代金の1/2(1人1泊上限2万円、日帰り旅行は1人上限1万円)を支援。
  2. 宿泊施設に直接申し込む場合には、交通費等は対象外のため注意が必要。
  3. 事業開始前の一定期間に予約していて割引価格で購入できなくても還付請求可能。

このコラムの執筆税理士

税務・労務・財務の専門分野をいかし、お客様の成功のために、3つのお約束をいたします。目先のことにとらわれず、長期的信用を重んじ、心を込めてお手伝いいたします。 社会的公正の立場で、お客様にとって価値ある情報を提供していきます。 どんな状況においてもプラス発想で臨んでまいります。→続きを読む